職場確認なしの消費者金融は一般的に高金利をつきつけられたり、突然事務所が消えるなど使用者にとって理不尽と思える行動をする恐れがあることから使用しない方がいいです。以上のことから、職場確認なしの消費者金融を使っていることが親バレした場合は当日であるならばすぐに使用していたことを報告すると共に、しっかりと謝ること、そして今後の事後策を考えていく必要があります。可能ならば行政が行っている生活センターに相談し、高金利を払わずに済む方法を考えてもらうこと、そして弁護士などに相談して万が一取り立てがやってきた場合は追い払う方法を考えてもらう方策を立てることが大切であります。
以上のことから職場確認なしの消費者金融は使用しないこと、万が一利用してしまった場合は自分から親に相談し、親バレという状態にならない状況を作っていくことです。そして、いち早く消費者金融から足を洗い普通の生活を取り戻すことが最善の策と言えます。また、生きていく上でお金が必要になった場合はまずは職場確認なしの消費者金融から借りるのではなく、メガバンクなどが行っている一定金利の信頼出来る金融機関を利用して乗り切ることが大切であります。信頼出来る金融機関を利用することによって不本意な取り立てに遭わずに済むこと、そして返済プランを金融機関の人に作ってもらうことで定期的に返済をしていける予定が組めるからです。金融機関を利用する場合はまずは親に相談し、信頼出来る機関なら利用する方法を選んでいくことが大切です。

 

職場確認なしの消費者金融プロミスの融資額について

お金はいつどんな時に必要になるかわからないので、いざという時のために貯金をしておくことは大事です。
しかし、いつもギリギリで仕事をしている人にとっては、貯金をすることは難しく、どうしてもお金が必要な時は、消費者金融などからお金を貸してもらうしかありません。
消費者金融に申込場合は、審査が必要ですが、審査にはほとんどの消費者金融で、職場確認というものがあります。
これは、申込書に記入した職場に本当に働いているか電話で確認をするもので、消費者金融の中には職場確認なしという所もあります。
どうしても、職場に電話されると、キャッシングすることが周りにばれることもあるので、職場に電話されたくない人は、職場確認なしの消費者金融を選ぶといいでしょう。
プロミスは、申込する時に職場確認なしにして欲しいと言えば、給与明細書や保険証などを提出することで、職場確認の代わりにすることができます。
プロミスの融資額は最高300万円となっていますが、すべての人が300万円を借りられるわけではなく、職業や年収によって決められます。
10万円〜300万円の範囲で融資額が決められますが、年収の1割くらいを融資額として申告すると審査に通りやすくなります。
プロミスは面倒な手続きがなく、審査に通りやすいことで人気ですが、初めて借りる場合は限度額は20万円くらいで、他社から借入している場合は、10万円くらいになります。
もっと限度額をあげて欲しいという人は、しっかり返済して実績を作り増額申請をするといいでしょう。
増額にはやはり審査があるので、信用度を高めておくことが大事です。