消費者金融の中でもモビットには職場確認なしで審査が完了するメリットがあります。WEB完結型で申し込んだ場合、職場確認なしで審査が完了しそのまま振込により融資を受けることが可能です。ほとんどの消費者金融で職場確認をして審査を行いますので、職場確認なしで利用できる点にはメリットがあると言えます。消費者金融では金利手数料が必ずかかりますが、金利には関しては法律に則って決められた金利を採用しています。4.8%から18%がモビットの金利手数料となりますが、上限金利の18%はほとんどの金融業者が採用しているため、特に高金利ではなく平均的な金利だと言えます。金利が高いと利息の負担が大きくなりますが、どこで融資を受けてもほとんど変わらないのが現在の消費者金融の姿となります。金利には上限と下限がありますが、下限金利は限度額いっぱいまで利用した際に対象となるものですから、一般の人には当てはまりにくい金利となります。
モビットでは500万円が限度額となっていますが、総量規制があるため限度額いっぱいまで利用できる人は少ないといえます。職場確認がないこともメリットですが、WEB完結型で申し込んだ場合には郵送物も一切ないこともメリットになります。連絡手段もメールで行われているため、実質的に職場確認や本人確認も行われていないのです。消費者金融を選ぶ際には人により基準が異なりますが、職場確認なしで郵送物もない点にはメリットが多いと言えます。

リボ払い可能!消費者金融のモビットなら職場確認なしで借りられる?

リボ払いが可能で、月々の返済負担を抑えつつキャッシングを利用できると評判のモビットは、大手消費者金融の一つです。
キャッシングを申し込むと確認の電話がかかってくることがありますが、自宅や自分の携帯電話だけでなく、職場確認の電話もあります。会社の人に消費者金融の利用がばれてしまうのが嫌で、職場確認なしの方が嬉しいと多くの人が願うものですが、殆どのカードローンでは職場確認なしで利用することができません。
職場確認といっても消費者金融の会社名を出して電話はかけませんので、会社の人にばれることはまずありませんが、勤め先によっては会社の人に不審がられる可能性が捨てきれません。
実はモビットならば、職場確認はおろか、全ての電話確認や郵送なしでキャッシングを利用できる手段があります。公式サイトの「WEB完結申込」という方法を用いれば、職場確認なしでキャッシングが可能です。振込キャッシングのみの利用に限りますので、ローンカードが発行されず、提携先のATMからカードを使った借り入れができませんが、金融機関の口座を普段からネットで使いこなしている人なら振込キャッシングで十分な場合もあります。
但し、絶対に電話がない訳ではなく、審査内容によってはWEB完結申込の利用でも職場確認の電話がかかってくる可能性を、前もって覚えておきましょう。
残高に応じたリボ払いが可能な他、余裕がある時にはその都度、追加返済ができるという柔軟さがモビットの魅力です。