フリーターも消費者金融の本人確認なしで審査を受ける事が出来る?

本人確認なし?それとも在り?

 

消費者金融のカードローン申込み資格と言うのは、安定した収入が在り、それが継続している事を条件にしています。
この条件を満たしている事で、アルバイトやパート、契約社員、派遣社員などもカードローン申込みが出来るわけですが、フリーターにおいても収入が在る事で、消費者金融の審査基準を満たしている事で融資を受ける事が出来ます。
尚、審査の一つに本人確認が在りますが、本人確認なしであればアルバイトやパートなどをしている人も職場に知られる事が無いので安心ですが、本人確認は申込書類に対する審査の一つであり、消費者金融によっては運転免許や健康保険証と言った公的書類のみで審査が行われ、本人確認なしで融資を受ける事が出来るケースも在ります。

 

フリーターでもカードローンの申込みが可能?

 

フリーターと言うのは一定の職業に就かずに、職業を転々とすると言った人の事を意味しており、正社員などと比べると収入が安定していないため、アルバイトをしている学生さんやパートをしている主婦の人などと同じく、返済能力が少ないと言った審査を受ける事になりますが、返済能力が在ると判断される事で融資を受ける事が出来ます。
そのため、収入が在る事で無職とは異なり、返済能力に応じての利用限度額が定められ、お金を借りることが出来ると言う事です。
また、公的機関が発行した運転免許などを申し込み時に添付することで、本人からの申込みと言った判断が下されて、契約を交わした時間帯に応じて即日融資を受ける事も出来ます。