会社連絡なしでフリーランスがカードローンを借りる

フリーランスがお金を借りる場合の問題点

 

フリーランスがカードローンでお金を借りる場合はどのような問題があるでしょうか。
通常、カードローンでお金を借りる場合には審査があります。カード会社としては、確実に返済してもらうためにはしっかりと借主に支払い能力があるかどうかを確認する必要があります。その方法の1つに会社連絡をするという方法があります。会社連絡をしてそこに借主が在籍しているかどうかを確認するわけです。もし、借主がそこに在籍していることが確認することができればお金を借りることができる可能性が高まります。ですが、フリーランスの場合には、個人で自宅などを利用してビジネスをしているわけです。そのため勤め先はありません。普通の会社員やパート、アルバイトなどとは違い、雇われているわけではありませんので働いているかどうかの証明をできないのです。

 

源泉徴収票等を提出すれば借りることができる

 

カードローン会社の中にはお金を借りる場合の審査で会社連絡をしなければならないと決めているところもありますが、実は会社連絡なしのカード会社もあります。カード会社のほうもできるだけ多くの人からお金を借りてもらい、そこから利息を取って儲けたいのです。もし、会社に勤めている人だけに顧客を限定してしまうと、おおよそ3割のお客さんを失うことになります。この3割というのは自営業者やフリーの仕事をしている人、専業主婦等を含めた数ですが、これでは大きな痛手になってしまいます。
そこで、カードローン会社の中には会社連絡なしでも良いとしているところも多いのです。
フリーランスがカードでお金を借りたければ源泉徴収票等をコピーしてカード会社に送ることで審査を通ることができます。
以上のように、カード会社を選べば会社連絡なしで借りることが可能です。