どうしてもお金をお借入れしなければいけない時、やはり人にはできるだけ知られなくないでしょう。特に職場には絶対に知られなくないと、皆、思うはずです。ですから、職場確認なしの消費者金融があったら、そこからお借入れしようと思っている人もいるでしょう。

 

しかし、消費者金融は信頼のできるところでなくてはいけません。安易に決めてはいけません。その点、大手の消費者金融プロミスですと安心です。職場確認なしです。

 

といいいますのも、在籍確認はしますが、プロミスだと名乗るわけではありません。知り合いのように個人名で電話をかけてきて、その会社に在籍をしているかを確かめるだけです。この方法は多くのクレジットカード会社も行っている方法です。

 

本人はその場にいなくても大丈夫です。もちろんいて、その電話を取ってもいいわけですが、いなくても大丈夫です。そこに在籍している事だけわかればいいのです。ですから、職場確認なしなのです。

 

このプロミスの使い方はとても簡単です。店頭に出向かなくても、インターネットでお申し込みから、自分の口座への振込までできてしまいます。自分で、店頭やATMなどに出向く必要はありません。審査もあっという間に終わります。

 

更に、返済も店頭に出向かないでもできます。つまり、全く店頭に出向かないまま、お借入れの申し込みから返済までできていしまうのです。

 

このように大手のとても便利な消費者金融ですから、安心してお借入れをしましょう。そして、遅れないで、きっちりと返済しましょう。

職場確認なしと親バレなしで消費者金融の利用可能額を増やす方法

よく親バレや家族に借金をしていることが発覚するのは、貸金業者からの書類が郵送される場合と返済が遅れているときに自宅の電話が掛かるときが一番発覚しやすい状況になります。特に本人の郵便を勝手に開けるような家庭である場合は、郵送書類というものに気を付けるべきです。多くの場合この郵送書類というのは、貸金業者の名前がわかりづらくなっているものを採用していることが多いのですが、さすがに開封されると発覚する原因となってしまいますので、郵送書類を郵便局で止めてもらう、職場に郵送してもらう等の手続きを貸金業者にするようにしましょう。また返済の遅れが最も親バレを生む原因になりますので、返済日の確認を行い、もし遅れるようなことがあれば事前に返済が遅れることを貸金業者に連絡するようにするのも良い方法になります。発覚しないための方法を採るようにしてください。

 

最近では特に消費者金融であれば、職場確認なしで申し込みができる業者も出てきました。職場確認なしの場合は、職場に在籍確認の電話が来ることがありませんので、特に職場確認の電話を嫌がる人にはありがたい業者となります。この職場確認なしという手段は二通りあって、もともと職場確認が必要なく本人確認は運転免許証などで済ます業者や、収入を証明する書類を提出することで職場確認なしの手法をとっているということになります。特に消費者金融が多いのが特徴です。また利用可能額を増やす場合、新たに審査が必要になることもありますので、その場合は収入を証明する書類の提出で完了することが多いです。